2018年4月12日木曜日

「赤めいぶつ」と「青めいぶつ」

宅建の迷物図書館のイメージ

宅建の迷物図書館のイメージ

(1)「赤めいぶつ」

宅建講師専業31年の迷物講師(本名:小口 忍)が、1998年(平成10年)から20年間やっているのが、お馴染み「宅建の迷物図書館」です。

この迷物図書館、2018年の2月くらいからトップの「赤い」画像に、「AI(人工知能)による…」という副題が付いています。

宅建倶楽部内部では、トップが「赤い」画像になっているので、「赤めいぶつ」と呼んでいます。


(2)「青めいぶつ」

「赤めいぶつ」にした時点で、AI(人工知能)は、まだ教育コンサルタントとしては人間(迷物講師)より遥かに劣ると考えていました。

なので、AIに全然頼らないで100パーセント人間(迷物講師)が作った別バージョンの迷物図書館を準備していました。

そして、トップを「青い」画像にして、「人間(迷物講師)による…」という副題を付け、ユーザー名とパスワードを設定して、宅建倶楽部内部でイロイロと調整していました。

トップが「青い」画像になっているので、宅建倶楽部内部では、それを「青めいぶつ」と呼んでいます。


(3)「青めいぶつ」の取扱いに悩みました

「人間(迷物講師)による…」「青めいぶつ」は、「AI(人工知能)による…」「赤めいぶつ」と比べると、数段上の情報を提供できています。

わたくし迷物は、「赤めいぶつ」でも「青めいぶつ」でも、金儲けを離れ無料で提供することに生きがいを感じています。

だから、数段上の情報を提供できている「青めいぶつ」からでもお金を頂戴することができないのは、ずっと前から決まっていました。

悩んだのは…

<A> ネットに載せる(つまり「青めいぶつ」を「赤めいぶつ」と入れ換える)
<B> ネットに載せない(つまり「青めいぶつ」にだけパスワードをかける)

の、どちらにするかでした。

熟慮した結果、上記<B>を選びました(熟慮の過程は秘密)。


(4)ユーザー名とパスワードは誰にでも教えます

今回の記事の一番下にあるリンク先をタップ・クリックすると、ユーザー名とパスワードの入力を求められるので、両方とも半角英数小文字で、 fanta と書いて下さい。

ユーザー名:fanta
パスワード:fanta
です。

なお、ユーザー名とパスワードは、誰が誰に教えても可とします。

どんどん広めて頂き、みんなで、独学での「超短期」かつ「お金が掛からない」合格を、どうか目指して下さい。

予備校(宅建倶楽部を含む)のカモにならないうちに、ホント、早く合格しちゃって下さいネ!

※ リンク先

「人間(迷物講師)による…」「青めいぶつ」