2016年7月28日木曜日

人間は飽きる動物 - Pokémon GO


Pokémon GO


(1)亀は飽きない

息子が1984年(昭和59年)に生まれる前年すなわち1983年に、当時あった船橋西武屋上の金魚屋さんで買ってきた銭亀(100円)が、わが家では今でも一匹生きてます。

名前は「亀ぞう」。
名づけ親は「亀ぞう」より三歳年下の娘。
「亀ぞう」は、おん年33歳。

亀は万年と言われますが、この調子だと60歳までは軽く生きてくれるでしょう。

亀なんてハ虫類と馬鹿にする人がいますが、人間と同じ喜怒哀楽をちゃんと持ち合わせている、というのが私の実体験からの結論です。

家族全員が現役の職業人なので、「亀ぞう」(オス・メス不明)は昼間独りでいることが多いです。

そのため、家族の誰かが帰宅すると水槽をガチャガチャさせて甘えてきます。

いつだったか、私が猫を拾ってわが家に持ち帰り「亀ぞう」と対面させた時なんか、生まれて初めて見る猫にビックリして、彼の身長の5倍(75センチ)くらい飛び上がりました。

ハ虫類とて、人間と同じ喜怒哀楽をちゃんと持ち合わせているんですね。

しかし私の診立てでは、人間と違うところが一つだけあります。
それは、何事においても亀は「飽きない」という事です。

例えば、うちの「亀ぞう」は同じメーカーの亀用のエサを33年間飽きもせず、おいしそうに食べているのです。


(2)人間は飽きる

今回わたしが書きたかった事は、「人間は飽きる」ということ。

これと対比させるために「亀は飽きない」という前振りを書いたわけですが、ちょっと長過ぎちゃったですね。

人間は何事においても」「必ず飽きます」!

(イ)

今話題の Pokémon GO ですが、2016年7月6日にアメリカでリリースされたばかりだというのに、もう「飽き」が始まったという報道がありました。

我が国でも、もう少しで飽きられるでしょう。



米国で「ポケモンGO」人気がたった1週間でピークアウトした理由
  
(ロ)

恋愛や夫婦関係も「飽き」が理由で破綻する事例は、枚挙にいとまがありません。

(ハ)

せっかく宅建士試験に合格し念願の取引士になったのに、「飽き」が原因で業界を去って行く人の何と多いことか!

(ニ)

何度も桜散っていると、宅建士試験そのものに「飽き」が来て、それが原因で受験生活とサヨナラする人は、昔から大勢います。

(ホ)

この飽きが命取になるという現象は、われわれ宅建講師業界では語る人が少なく、大手予備校の経営者でも気付いていない人が多いですが、最近特に目立つようになりました。
普通のカリスマ講師じゃ、飽きられるのです!


(3)飽きられないようにするには

心理学的にいえば、

・ 単純ではなく複雑性という要素を取り入れる
・ 釘付けになるような要素を取り入れる
・ 興味が持続するような要素を取り入れる

のが、飽きられないようにする処方箋となりますが、しかしこれは問をもって問で答えるようなものですね。

こんなこと暗記していても、実際に成果をあげることは不可能でしょう。

じゃもっと薬効がある処方箋は?

残念ながら、

・ 結婚歴37年
・ 専業での宅建講師歴29年

になる迷物講師の企業秘密なので、おいそれと教えるわけにはいかないのです(この部分は冗談!)。