2016年2月24日水曜日

何も対策すんな! 何も治療すんな!

更新:平成28年2月25日(木)

【誤解されやすい部分があったので、2月25日に加筆・訂正しました】


宅建の迷物講師:於千葉県浦安市某レストラン

俺に孫が生まれるとして、彼はそれを自分では選べない。
せめて死に方だけは自由に選ばせてやりたいが、それさえ
叶わないだろうな。 ニコニコなんか出来ないよ!



わたくし「小口 忍」は実在していますが、「迷物講師」が宅建以外のことを語るときは、仙人の世界に棲む架空の人物の発言であると思って下さると幸いです。

今回は、その「仙人迷物」が、下界を見まわして最近特に感じることを二席申し上げます。

なお、二席とも「身も蓋もない」話で、人情味のかけらもないです。 気を悪くする方が大勢出てくるのは、百も承知です。 それでも書かざるを得ない「仙人迷物」のバカさ加減を、お笑い下さい。


(1)一席目 - 少子化対策

少子化が叫ばれて久しいですが、「仙人迷物」は、何も対策しないのが最良と考えております。
現在の1億2千万人はいかにも多すぎ、大正初期の5千万人が適正人口でしょう。

少子化は何も対策すんな」が「仙人迷物」の意見です。

少子化を放置すると「老後危機」「雇用激変」「介護危機」等になると煽る公共放送局や学者等がいますが、すべて危機を煽ることで「御飯を食べている者の仕業」に過ぎません。

芥川龍之介が「河童(かっぱ)」という小説で言い遺したことが、「少子化は、何も対策すんな!」という「仙人迷物」の意見の根拠です。

※ ヒント

段落「四」で、河童の国では、生まれるかどうかを母親のおなかの中で赤ちゃん自身が判断出来る。父親は「お前はこの世界へ生れて来るかどうか、よく考へた上で返事をしろ」と河童の赤ちゃんに尋ねる!くだり…。

「河童」読んでいない人、読んでも中身を忘れちゃった人は、グーグルでタダで読めるので、一読することをおすすめします。

スマホだと、グーグルで青空文庫のアプリ入れたほうが読みやすいと思います。


(2)二席目 - 癌治療

3人に1人が癌で死ぬ時代ですが、「仙人迷物」は、癌は放置するのが最良と考えております。

癌を放置すると、臓器外に浸潤し他臓器にも転移するので、癌は早期治療が鉄則で、治療は、手術・抗癌剤・放射線の三本柱を徹底するのが常識とされます。
でもその三本柱を常識化したのは、癌治療で「御飯を食べている者(大病院・製薬会社)の仕業」に過ぎません。

私と同じ学年で、慶應出身の医者である近藤誠氏(現在は「近藤誠がん研究所・セカンドオピニオン外来」)が癌放置理論を提唱しています。この理論が、なんと「仙人迷物」の経験値に100%合致しているんですね。
それが、「癌は、何も治療すんな!」という意見の根拠です。

親族、何十人という癌経験者の知人・友人が、近藤氏の言う通りの経過をたどりました。
そして、「癌もどき」だった者は今も元気で、「本物の癌」だった者は亡くなりましたが、亡くなった者でも癌放置理論を実践した人は、 手術・抗癌剤・放射線の三本柱を徹底された者より quality of life を格段に保てたまま旅立ったのは確実でした。

癌は何も治療すんな


※ 参考

「癌もどき」とは転移がない癌のこと。そもそも癌細胞に転移する能力が備わっていないので、何年放置しても大丈夫な癌。

「本物の癌」とは転移がある癌のこと。転移は癌細胞が分裂を始めた時に(医者に発見される何年も前の段階で)すでに多臓器に生じているので、手術・抗癌剤・放射線の三本柱を徹底してもモグラ叩き状態になり、生還することはない。
「本物の癌」は、医者に発見される何年も前の段階で転移が多臓器に生じているので、早期発見しても無駄。早期発見した「つもり」になっているだけ。

これだけ医学が発達した現在でも、最初から「癌もどき」と「本物の癌」を区別できる医者はいない。
なぜなら、性質(たち)が悪い癌かどうかは、50年前と同様、病理医が「癌組織を顕微鏡で目視判定しているだけ」だから。遺伝子検査さえ確立していないのが、現状だ!

2016年2月10日水曜日

非法律科目の重要性



宅建は四肢択一式50問が出題される、法律の試験です。
でも例外が3問あります。

1.不動産の統計
2.宅地の知識
3.建物の知識

の三つは、非法律科目です。

この三問は法律に直接関連しないので、最近は、ナメて掛かる受験者がとても多いです。
そのためだと思いますが、予備校や講師の非法律科目に関する解説には、まともなものが無きに等しいです。

そのような現状から、この三問の不出来が原因で1~2点差で「サクラ散る」人が最近多いように感じます。

そこで今回は、上の三つからの「宅地の知識」の解説[平成27年度問49]をしてみます。

受験者の皆さまは、これからする私の解説程度の知識が、「最低限備わっていないと1~2点差でサクラ散る危険性が大であることを、心に焼き付けておいて下さい。

もし、ご自身がお使いの「過去問解説集」や「過去問ドリル」の解説が、これからする私の解説より劣る場合は、ネットでも何でも使って補充しておくことを強くオススメします(最低でも過去15年分について)。

なお5問免除者は、上記の非法律科目は出題されないので、今回の記事はスルーして下さい。



(1)平成27年度問49の問題

土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1 我が国の低地は、ここ数千年の間に形成され、湿地や旧河道であった若い軟弱な地盤の地域がほとんどである。

2 臨海部の低地は、洪水、高潮、地震による津波などの災害が多く、住宅地として利用するには、十分な防災対策と注意が必要である。

3 台地上の池沼を埋め立てた地盤は、液状化に対して安全である。 

4 都市周辺の丘陵や山麓に広がった住宅地は、土砂災害が起こる場合があり、注意する必要がある。



(2)平成27年度問49の問題と解説

土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

[問題]

1 我が国の低地は、ここ数千年の間に形成され、湿地や旧河道であった若い軟弱な地盤の地域がほとんどである。

[解説]

適当。本肢の「低地」は、「山地」に対する意味で使われていると思われる。山地を形成する岩石は、さまざまな作用で風化し、雨などで供給される水によって浸食され、土砂となって下流側・海側に運ばれ「低地」になる。私たちが現在目にしている「低地」は、おおむね最近数千年の間に、このような過程を経て形成されたものだ。そして「低地」は、湿地や旧河道(昔の河の跡)だった若い(最近数千年の)地盤の地域がほどんどだ。例えば今の東京都心・下町は、徳川家康以来、湿地が地盤改良された地域だ。

[問題]

 臨海部の低地は、洪水、高潮、地震による津波などの災害が多く、住宅地として利用するには、十分な防災対策と注意が必要である。

[解説]

適当。臨海部(海に臨んでいる所)の低地は、海面との高低差が少ないので、洪水、高潮、地震による津波などの災害が多い。だから、住宅地として利用するには、十分な防災対策や注意(例:市町村が配布しているハザード・マップなどを参照して、避難経路を把握しておくこと)が必要、という理屈になる。

[問題]

3 台地上の池沼を埋め立てた地盤は、液状化に対して安全である。

[解説] 正解肢

最も不適当。液状化は、地震の揺れで地下水や砂が地上に噴出し、建物が倒壊したり曲がったりして被害を受ける現象だ。このような液状化は、埋立地の場合に発生しやすい。埋立地は、埋め立て前の池・沼・海の水分が抜け切れていないおそれがあるからだ。そこがたとえ台地上の地盤であっても、池や沼を埋め立てたのであれば、液状化に対して安全だとは言えない。

[問題]

4 都市周辺の丘陵や山麓に広がった住宅地は、土砂災害が起こる場合があり、注意する必要がある。

[解説]

適当。丘陵は、なだらかな丘(概ね海抜300m以下)のことであり、ご存じ多摩丘陵・狭山丘陵などの例がある。丘陵それ自体は土砂災害に直結するものではない。しかし、都市周辺の丘陵に広がった住宅地は、土砂災害を無視した悪質業者が開発したものも散見されるので、注意する必要がある。また、山麓は山の麓(ふもと)のことであり、平成26年に広島市の安佐北区や安佐南区の住宅地を襲った大規模な土砂災害を見れば分かるように、土砂災害が起こる場合があり、注意する必要がある場所だ。