2016年1月31日日曜日

予備校の平均合格率は20%台半ば



予備校利用者の平均合格率は、意外と低いです。
宅建倶楽部では、甘く見ても、20パーセント台半ばだと考えてます。
独学に毛が生えた程度でしょう!


理由

予備校利用者の合格率を見る一番客観的な資料は、厚生労働省所管の団体が発表したものです。

この団体を「中央職業能力開発協会」(職業能力開発促進法という法律に基づいて設立された団体)といいます。

それによると平成25年度の平均合格率は、43.9パーセント[教育訓練給付制度利用者]になっています。
でも、この合格率算出法が非常にウサン臭い!

詳しい事は、下のリンク先をご覧下さい。

リンク先では、各予備校ごとの、具体的な数字(平成17年度~平成25年度)がご覧になれます。



一部の予備校では、受験率を減らす操作をしている!

   

リンク先ページ「一番下にあるリンクをさらにタップ」すると、各予備校ごとの、具体的な数字(平成17年度~平成25年度)がご覧になれます。
平成26年度は近々アップ、平成27年度は未発表です。


2016年1月27日水曜日

人間は意味を問う動物


59歳でこの世を去られた
亀井勝一郎先生



(1)中学・高校時代に影響を受けた評論家

私が、中学・高校の多感な時代に影響を受けた評論家は、小林秀雄先生(1902年明治35年 - 1983年昭和58年) と 亀井勝一郎先生(1907年明治40年 - 1966年昭和41年)です。

同年代の「本を読むやつ」で、お二人の影響を受けなかった者は皆無と言っていいほど、偉大な方たちでした。

人生の色々な事について「全部知り尽くした賢者」みたいなフリをして、明快な回答をする最近のネット評論家に飽き飽きしている私は、今でも、お二人の著作物を本棚から引っ張り出して眺めることが多いです。

きょうは、その中から亀井勝一郎先生の言葉を、私なりに噛み砕いて、一つだけ紹介したいと思います。


2)願って生まれた人は、一人もいない

私たち人間は、誰でも、生まれたいと願って生まれてきたワケじゃないです。
人間の誕生という出来事それ自体は、偶然の産物と言えます。

人間の誕生を、一個の自然的・生物的な現象という観点から眺めるならば、人生なんて「犬や猫のそれと違いない」と考える事もできます。

しかし、人生をそのように考えることは「おそらく妥当でない!」、と亀井勝一郎先生はおっしゃいます。

亀井先生は、人間は犬や猫と違って、生きている「意味」を問うことのできる、いや問わずにはいられない存在だから、と理由づけられます。

先生の著作物でこのフレーズを知った中学・高校のあの頃、なるほど! と大いに感激したのを覚えています。

いま私の口癖は、「宅建は法律の試験であり、法律は単なる記号の羅列ではなく、『意味』の有るものなので丸暗記はダメ!」です。

亀井先生は59歳で亡くなっておられますが、その年齢をゆうに超えてしまったいま、先生のおっしゃっていた事は「おそらく妥当である!」と思っている迷物講師が、ここにいるのであります。



亀井勝一郎 (ウィキペディア)


2016年1月26日火曜日

税制改正大綱 (平成28年度)




(1)上の画像には、こんな事が書いてあります

平成28年度税制改正の大綱
                                                    平成 27 年 12 月 24 日
                                                     閣   議   決   定

現下の経済情勢等を踏まえ、経済の好循環を確実なものとする観点から成長志向の法人税改革等を行うとともに、消費税率引上げに伴う低所得者への配慮として消費税の軽減税率制度を導入する。あわせて、少子化対策・教育再生や地方創生の推進等に取り組むとともに、グローバルなビジネスモデルに適合した国際課税ルールの再構築を行うための税制上の措置を講ずる。このほか、震災からの復興を支援するための税制上の措置等を講ずる。具体的には、次のとおり税制改正を行うものとする。


(2)迷物講師は、これから税金の勉強です!

高度に分業化した現代では、「自分で書いた本で講義する教師」は、極めて少数派です。
大学院から幼稚園に至るまで…。私は、その少数派の一人なのです。

ために苦労も多いです。
何から何まで自分で勉強しなければ、テキストの1ページも書けません。

平成28年度の宅建試験では税金の問題は、わずか2問しか出題されません。
でも税法は年中改正されるので、毎年度、政府が閣議決定した「税制改正大綱」を熟読しなければならないのです。誰も教えてくれないから…


※ 関連ページ 

平成28年度税制改正の大綱 (PDFで108ページ)


2016年1月25日月曜日

オリジナル「宅建士六法」を更新

宅建倶楽部オリジナルのロゴ


(1)イントロ 

Yahoo!カテゴリで10年以上前から公開し、1年に複数回更新してる宅建士専用六法…。

きのう・きょうと更新しました。

大手予備校がどこもやってくれないので、昔からこんな条文集をシコシコと編集しているのですが、宅建合格後も使って下さる方が結構いるということなので、やりがいは有ります。

この宅建倶楽部オリジナルの六法は、
 ・ 1条ずつ引ける
 ・ 全条文一括表示
の二種類で出来ています。


(2)「1条ずつ引ける」宅建専用六法

宅建のテキストや過去問集を読んでいると、所々で「民法882条参照」「都市計画法第5条1項」などと条文を引くよう指示されることがあり、その条文番号にたどり着くまでに案外時間が掛かりますね。

そんな時、2クリックするだけで目的の条文にたどり着けるのが 1条ずつ引ける というやつです。


(3)「全条文一括表示」の宅建専用六法

在り来たりの六法全書と同じですが、「条」と「項」を太字にして、行間にも余裕を持たせたので、少しは見やすいかも知れないというのが 全条文一括表示 というやつです。


(4)4月1日現在施行されている法令に基づいて出題される

今年度の宅建試験は平成28年4月1日現在施行されている法令に基づいて出題されますが、きのう・きょうの更新で約20の法律・政令・規則等が、今年度向けになりました。
今年度向けになったものには印がついています。

どうぞ使ってやって下さい!

2016年1月4日月曜日

逃散のススメ




今回は、「ラットレース」から抜け出すための「逃散」のススメについて書きます。

(1)

その昔、食うに困った農民たちが、悪代官らと戦うのが「百姓一揆」だとしたら、戦わずに他領へ逃亡する事を「逃散(ちょうさん)」といいました。

(2)

忙しい忙しいとコマネズミのように働かされ、税金や社会保険料をたくさん取られ、ローンの支払いに追われ、結局、大した資産を残せないまま、人生を終わる。

こういうライフサイクルを、ロバート・キヨサキ氏が「金持ち父さん貧乏父さん(Rich Dad,Poor Dad)」という本で「ラットレース(rat race)」だと表現したのは2000年(平成12年)でした。

私は、それより20年も前の1980年(昭和55年)に、ラットレースに気づき、サラリーマンを卒業しました。

1970年(昭和45年)の第二次安保闘争のころ、警官隊に石や火炎瓶を投げつけ、「百姓一揆」のまね事をしたのが私たち全共闘世代です。

今度は「逃散」のまね事をしようというのが、サラリーマンを卒業した動機でした。

(3)

2016年が明けて、「1980年にサラリーマンをドロップアウトして36年経ったのかぁ~」なんて想ってますが、「逃散」のまね事にはますます磨きがかかり、最近では「仙人」を自認するまでになっちゃいました。

逃散はいいですよぉ
何しろ金が掛からないお上に上前をハネられることも少ない

「大した資産を残せないまま、人生を終わるかも」という予感がする人には、今からでも遅くない、逃散をオススメします。

現代版「逃散」のコツ、それは政権が言っている事と逆をすること。
例えば、安倍政権が「内需拡大」と吠えたら、意地でも財布のヒモを締めること。

「逃散」したい人は、宅建の勉強なんかも絶対に独学で済ませ、おだてりゃ木にも登る迷物講師をタダで使い倒そう

なんてキーボード打ってるうちに日付が変わって、1月4日(月)になっちゃいました。

今年もヨロシクです!

ラットレース(ウィキペディア)


迷物講師がタバコをやめた理由