2015年1月18日日曜日

「フザケタ解説」 撲滅運動!

考えない記憶は不可能
考えない記憶は不可能


(1)


多くの皆さまがご存知のように、過去問解説集については「問題文丸写し・条文丸写しのフザケタ解説が横行している」、という現実があります。

(2)


きょうは、効果が無いことを承知で、フザケタ解説「撲滅運動!」を展開してみせます。

模範とは言えないまでも、一応チャントした解説の見本を示します。
宅建試験平成26年[問14]、不動産登記法の問題の解説です。

本問はナカナカの良問で、不動産登記法の基本(「表示に関する登記」と「権利に関する登記」の基本的な違い)について、一本筋を通して(赤い字の部分)作成されているからです。

(3)平成26年[問14]不動産登記法


不動産の登記に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)表示に関する登記を申請する場合には、申請人は、その申請情報と併せて登記原因を証する情報を提供しなければならない。

(1)誤り。

「表示に関する登記(表題部にする登記)」も「権利に関する登記(権利部にする登記)」も、申請する場合には、申請人が、「申請情報」を登記所に提供する必要がある。申請情報とは、不動産を識別するために必要な情報(例:不動産の所在)・申請人の氏名・登記の目的などのことだ。
ところで、「権利に関する登記」については、登記の真実性を確保するために、申請情報と併せて「登記原因を証する情報(例:所有権移転登記をする場合の売買契約書の写し)」も提供しなければならない。
本肢は、「表示に関する登記」を申請する場合にも登記原因を証する情報を提供しろ!と言っているので、誤り。

(2)新たに生じた土地又は表題登記がない土地の所有権を取得した者は、その所有権の取得の日から1月以内に、表題登記を申請しなければならない。

(2)正しい。

まず「『新たに生じた土地』…の所有権を取得した者は、その所有権の取得の日から1月以内に、表題登記を申請しなければならない」という部分は、正しい。
次に、「…『表題登記がない土地』の所有権を取得した者は、その所有権の取得の日から1月以内に、表題登記を申請しなければならない」という部分も、正しい。
表題登記(表題部にする登記)は、登記の真実性を確保するためと言うより、固定資産税等の「税金取り立ての資料」としての意味合いが強い登記なので、新たに土地が生じたときや表題登記のない土地の所有権が取得されたときは、取得者が、原則として申請しなければならない(申請義務がある)。
そして申請すべき期間は、表題部に記録すべき事項に変動があってから1月以内(1ヵ月以内)と決められている。

(3)信託の登記の申請は、当該信託に係る権利の保存、設定、移転又は変更の登記の申請と同時にしなければならない。

(3)正しい。

「信託」とは、ある人(委託者)が他の人(受託者)に不動産の運用などを頼むことだ。
信託が成立すると、信託財産である不動産の名義は、委託者から受託者に移転する。でもそれは、信託の目的を達成させるために受託者の名義になっているに過ぎず、受託者が本来有している固有財産とは別のものだ。しかし、外部からはそれが信託財産か受託者が本来有している固有財産かを識別するのは困難だ。
そこで信託法14条では、信託財産については、信託の登記または登録をしなければ、その財産が信託財産に属することを第三者に対抗できないとしている。不動産登記法はこの信託法の定めを受けて、信託財産の識別を容易にし、登記の真実性を確保するために、「信託の登記の申請は、その信託に関係する権利の保存、設定、移転又は変更の登記の申請と同時にしろ」と命じているのだ(不動産登記法98条1項)。

(4)仮登記は、仮登記の登記義務者の承諾があるときは、当該仮登記の登記権利者が単独で申請することができる。

(4)正しい。

登記の真実性を確保するために、権利に関する登記(仮登記も権利に関する登記!)は、登記権利者(登記することで利益を受ける者)と登記義務者(登記することで不利益を受ける者)が、共同で申請しなければならないのが原則だ。
でも本肢のように「仮登記の登記義務者の承諾があるとき」は、登記の真実性を確保する観点から心配ないので、その仮登記の登記権利者が単独で申請できる。

2015年1月15日木曜日

売れる営業は、しゃべらない




(1)


ビジネス書に書いてある「売れる営業はしゃべらない」は、真理みたいなもんで、戦前から変わっていないようです。

(2)


逆に、「売れない営業はしゃべりまくり」ます。
ネットでいえば、ブログやSNSで、これでもかと商品説明をしたがります。

(3)


多くの人は、これを不思議と思いながら、その理由を突き詰めることなく、売れない原因を他に求めます。

おそらく、「営業のしゃべり」と「コミュニケーション能力」の混同が原因でしょう。

(4)


先日、夕食の席で私の子どもたち(二人)に話したら、「売れる営業」と「売れない営業」のことは、当時(20代後半)の私より理解してました。

今年最初の嬉しさ!
親の義務の一つを果たせた、という嬉しさかな?

2015年1月10日土曜日

レスポンシブWebデザインに挑戦中

宅建倶楽部のロゴ02
宅建倶楽部のオリジナル・ロゴ














(1)


企画 → 執筆 → 印刷 → 製本 → 販売 → アフターサービスを全部やってる六次産業の「親分気取り」な迷物講師は、いま「レスポンシブWebデザイン」に挑戦してます。

あのヤフーでさえ、そうなってないし、HTMLも4.01のままですが、宅建倶楽部のサイトを今後「レスポンシブWebデザイン」+「HTML5」にしよう、と考えてるワケです。

(2)


こちらが、「レスポンシブWebデザイン」で作った宅建の迷物図書館サイトです。[まだ完全じゃないです]

狙いはただ一つ。
宅建受験者の皆さまの利便性!

なかなか良く出来てると思う人は、手あげてぇ~!

2015年1月9日金曜日

「自立性・自発性」と「見返り」


宅建倶楽部のロゴ01
宅建倶楽部のオリジナル・ロゴ













(1)自立性・自発性の確立


どんな勉強、どんな仕事でも、自立性・自発性を確立できなければ、成功しないと思います。

自立性・自発性を確立できなければ」、どんな予備校を利用しようとも、どんな教材を使おうとも、宅建合格を勝ち取ることは「まず無理」でしょう。

そろそろ正月気分も抜けた頃でしょうが、ことし宅建の勉強をやるつもりなら、この点だけは絶対に忘れないで下さいね!

(2)見返りは求めない


皆さまが、自立性・自発性を確立すべく「努力している姿」が認められる限り、宅建倶楽部は「見返りを求めない」で、応援させて頂きます。

自立している人・自発的な人は、宅建倶楽部が運営しているサイトをいろいろ探してみて、連絡して下さい。

ここでは、ヒントも書きません。

(3)自立性・自発性のない人は危険


自立していない人・自発的でない人は、とても危険です。

自立性・自発性が芽生えてくるまで」宅建の勉強は「まだしない」ほうがいいです。
予備校(宅建倶楽部を含む)のカモになるだけ…。

そもそも、自立していない人・自発的でない人をガラリと変えてくれる教材なんて、この世には存在しません。

そのような魔法の力を持った講師も、残念ながら存在しません。

2015年1月7日水曜日

初詣のハシゴ


靖国神社 就遊館
靖国神社 就遊館


(1)靖国神社


スタッフ doremi は鹿島神宮と香取神宮をハシゴし、地震除けの祈願をしてきたらしいですね。

わが家族は、息子夫婦の希望を優先させ、靖国神社にお参りしてきました。
戦争博物館とも言える遊就館を含め、3時間はいたでしょうか。

※ 参考 

靖国神社の歴史(10年前に書いた記事)


(2)日枝神社


宇宙はビッグバンから始まったと言われて納得する人もいますが、「それならビッグバンの前はどうだったの?」と首を傾げてしまうのが迷物講師です。

最先端の量子論も昔からの宗教も、「人間が創作したものに過ぎない」ことを理由に信用出来ないのが、最近の私…。

と生意気言っても、もしかして「あの世が存在したら怖い」ので、今年のお正月は保険を掛けることにしました。

それで靖国神社の次は、娘の意向で、東京赤坂の日枝神社にお参りしてきました。

(3)お岩稲荷


女性のお化けが実在したらもっと怖い」ので、今年はさらに保険を増額することにし、私が少年時代を送った四谷左門町にある「お岩(於岩)さん」にもお参りしてきました。

四谷怪談で有名なお岩さんを祭っている寺社は「田宮神社」と「陽運寺」の二つがあって、片方しかお参りしないと女性の祟りがより怖いと、むかし大人からさんざん聞かされてたので、当然両方にお参りです。

※ 参考 

二つのお岩稲荷 - 四谷「田宮神社」と「陽運寺」


(4)なかなか疲れる


人間が創作したものに過ぎない」ことを理由に、最先端の量子論や昔からの宗教を信用しないというのも、なかなか疲れるもんですナ。

初詣のハシゴをするなど保険を掛けながら、徐々に思考を深めたいと考えている2015年新春でした。

2015年1月5日月曜日

「宅建士試験」か「宅建試験」か「宅建」か

平成27年版パーフェクト宅建基本書
平成27年版パーフェクト宅建基本書

(1)いってら


うちの娘は私が先に出掛けるとき、常に「いってら!」と言って送り出してくれます。

「いってら!」は「いってらっしゃい!」の短縮形らしい…。

(2)あけおめ


お正月のあいさつの短縮形として、親しい人の間で定着してきたのは「あけおめ!」。

そんなワケで、このブログを通じて私に親近感をもって下さっている全員の方に、「あけおめ!」です。

(3)宅建士試験


私がオススメしてる「パーフェクト宅建基本書」を始め多くの参考書が、2015年4月1日施行の法改正を先取りして「宅建士試験」という呼び名を定着させようと必死なようです。

でも私には???です。「宅建士試験」は定着しないと思いますよ。
理由は3つ有ります。

(イ)

一つ目の理由は、「いってら!」「あけおめ!」と同様、日本人は言葉の意味を保ったままで最大限短縮するのが得意な民族であること。

となると、これからの定着率は、宅建→宅建試験→宅建士試験の順になるでしょう。

表音文字の英語と違って、日本語は表意文字(意味をもっている文字)です。
表音文字の英語は可哀そう。CIAやFBIのような短縮は出来ても、日本語のように言葉の意味を保ったままで短縮するのが不得意ですもんね。
何十年経っても、テレビジョンを「テレビ」と短縮することができないのが英語圏の民族です。

(ロ)

二つ目の理由は、パソコン・モバイルでのローマ字入力は、短い方が良いということ。

そうなると、宅建士試験(takkensisiken)は宅建(takken)には到底かないません。

(ハ)


三つ目の理由は、宅建士試験は「たっけんししけん」と「し」が二つ重なるので、日本人には発音しにくいこと。

私は滑舌がいい(口の動きが滑らかな)ほうですが、今回の改正に際してCDを録音する時、「宅建士試験」や「宅建士証」の発音は噛んでしまってやり直しが目立ちましたね。

受験者の皆さまも、声に出してテキストを読む(音読する)と効果抜群の事がありますが、「宅建士試験」や「宅建士証」と印刷してあっても、ご自分なりに短縮してしまったほうが良いと思いますよ。